SERGE THORAVAL セルジュ トラヴァル


CONCEPT

素材にこだわり、素材自体の素朴な魅力を最大限に表現することに力を注ぐ。スターリングシルバーとゴールドに心を捕えるメッセージやポエムを刻む。

BRAND HISTORY

1962年、デザイナーのセルジュ・トラヴァル、パリに生まれる。1990年、独学でジュエリーを作り始め、「ティエリー・ミュグレー」次いで「クロード・モンタナ」「アニエス・ベー」「ジョセフ・オブ・ロンドン」等のコレクションショーのジュエリーを担当する。1992年、自分自身のコレクションをスタートさせる。フランスの有名な小説“CYRANO DE BERGERAC”の中の詩や五感(視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚)の文字をジュエリーに刻む。1点1点ハンドメイドの独特の雰囲気を持ち合わせた彼の作品は、イタリア、ドイツをはじめニューヨークやロサンジェルスでも人気を博している。1997年、パリのSCENES DINTERIEURというDECOの展示会で黄銅を使った檻やランタン、キャンドルスタンドを展示する。1997年、フランス版 ELLE誌に4ページに渡り特集記事が掲載される。パリの有名なセレクトショップ“LECLAIREUR”でセルジュ・トラヴァルのコレクションが展開される。ジュエリー作りに取り組むと同時に、金属や木と思いがけない材料で、家具とオブジェの製作も行う。1999年1月、セルジュ・トラヴァルが交通事故により他界。彼のコレクションはパートナーのGENEVIEVE CHEVILLOT(ジュヌヴィエーヴ・シュヴィヨー)が引き継いでいる。2002年8月、東京に初の路面店オープン。